富士火災海上保険 52歳社員 手取り2万円

2005年 7月16日 (土).......

 営業成績によって増減する給与制度で、六月の手取り額が約2万2000円となった富士火災海上保険(東京)の男性社員(52)が昨日、生存権を定めた憲法に違反するとして、3-5月の平均給与約21万9000円などの支払いを求める仮処分を東京地裁に申し立てたそうだ。

 損保なのに、手取り2万2千円!!!!!
 それ以前に、平均給与21万9000円って、なんだ?
 金融名物の会社の肩たたきを頑なに拒みつづけると、こういう世界がまっているのだろうか。


 申立書によると、男性は勤続23年の営業担当。成績が悪いと給与が一定割合で差し引かれる同社の制度で、六月の給与は額面11万5000円となったとのこと。所得税や社会保険料などが控除され、約2万2000円しか支給されなかったそうだ。
 富士火災海上保険は平成12年から、成果主義の「増加精算金制度」を導入。昨年には住宅手当なども廃止したという。

 男性は「給料の振込額を見た妻から『間違いではないか』と言われ、ショックだった。これでは家族を養えない」と話した。

 そりゃそうだ。きっとそれは、会社からの肩たたきのメッセージではなかったのか。その前から引導が渡されていたということはなかったんだろうか。

 それにしても、富士火災海上保険、すさまじい会社である。
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

このページの先頭へ