サラ金王の贈与税1,300億円也

2005年 9月11日 (日).......

 消費者金融大手「武富士」前会長の長男(40)が前会長夫妻から贈与されたオランダ法人株をめぐり、個人課税で過去最大となる約1,600億円の申告漏れを東京国税局に指摘されたそうだ。長男は香港にも居を構えており、海外居住者が海外財産の贈与を受けても課税されないという当時の税法に従い、贈与税を納めなかったという。

 ご本人曰く、「香港に住んでいたにもかかわらず、国税局が法律の条文を無視して課税しており、法の支配に反する」として10日に提訴した。

 訴状などによると、長男氏は99年、武富士株約1,569万株を保有するオランダ法人の株の90%を前会長夫妻から贈与されたそうだ。


 んー、サラ金おそるべし。
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

このページの先頭へ