選挙“賭け”サイト出現 アクセス17万件

2005年 9月10日 (土).......

 衆院選をめぐり、インターネット上で全選挙区の勝者を予想、賭けの対象とし、最高十万円の懸賞金が得られる「懸賞付きゲーム」のホームページが、ネットベンチャーによって開設され、十七万件ものアクセスがあったことが話題になっているそうだ。

 選挙が公然と“賭け”の対象とされるのは異例とのことで、警察は公選法に抵触の恐れがあるのではないかと調べているらしいが、判断は微妙との事。

 このHPはネットベンチャー「コンパス」が運営する「eBet(イーベット)」。

 会員登録(無料)し、このHP上のゲームや買い物、アンケートに回答すると、無料のポイントがたまり、ポイントに応じて、最終的に換金できる仕組み。
 正解を答えると、賭け倍率に応じてポイントが増えるが、同社はここに公示日以降、全選挙区の勝敗を予測するクイズや「自民党の獲得議席数は?」「郵政造反議員三十七人のうち何人が当選するか?」などの問題を大量に掲載したということだ。
 これまでに十七万件を超えるアクセスがあり、「賭け」に参加した件数は延べ四万件を突破したらしい。

 他にも、こんなクイズが出ている。
■第62回 ベネチア国際映画祭授賞式(9/11)北野武監督『TAKESHIS’』受賞なるか!?
■次期トップアマ登場【即結果入力 ライブ実況予定】【将棋 プロ対アマ】9/10近将カップ 小林五段-清水上アマ どちらが勝つ?
■ 【倍率非表示】第44回衆議院選挙衆院選予想 : 広島県6区の当選者は?
■水戸デルリスの穴埋まる?仙台下位転落の穴埋めて上位に?J2第31節:水戸vs仙台の結果は?



permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

このページの先頭へ