わが国 防衛庁職員の錬金術

 防衛庁が、定年退職する自衛官を退職日に1階級昇進させる特別昇任制度を設け、退職金をかさ上げ支給していたことが、読売新聞の調べでわかったそうだ。

 対象は退職者の30~40%に上り、そのために2003年度は17億円余りの税金が余分に支出されていたという。

 防衛庁によると、退職当日の昇進は、「自衛官の昇任に関する訓令」に基づくもので、公務で死亡するなどした場合のほか、「退職者のうち勤務成績が優良な者」を特別昇任の対象としている。さらに、この資格要件として、昇任前の階級で一定年数を勤務していることや、勤務評定がA~Eの各段階のうち「Cの上」以上であることなどが定められている。

 同庁によると、03年度に「勤務成績が優良」との理由で退職日に1階級昇進したのは、全体の約34%に当たる約4,800人。退職金は、1人平均35万円程度増額されていた。

 自衛官の階級は、下位から3士、2士、1士、士長、3曹、2曹、1曹、曹長、准尉、3尉、2尉、1尉、3佐、2佐、1佐、将補、将の17階級に分かれる。

 3尉以上が幹部とされるが、「勤務成績が優良」として特別昇任する自衛官の4分の3はそれより下の階級だという。

 防衛庁人事教育局は「能力はあるが、定員に空きがなくて昇進できなかった人の功労に報いるため行っている。自衛官にとって、階級は単なる役職と違い名誉の称号であり、 退職後のOB同士の人間関係などにも影響がある。退職金の増額につながるが、自衛官は事務官より定年が5、6年早いという背景事情もある」と説明しているそうだ。

 ・・・・・まったくわけわからんロジックである。
 退職後の職員の酒場での上下関係までおもんぱかってくれるとは、驚き。
 増税をする前に、なんとかして欲しいものである。
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

このページの先頭へ