アイフル キャッシュバックキャンペーン中!

 消費者金融大手「アイフル」が法定金利を上回る利子を支払わせていたとして、全国の債務者483人が過払い金など約3億8,000万円の返還を求めた訴訟の判決が出たそうだ。
 アイフルは計約1億800万円を支払うそうで、これで返還請求額計約1億2,000万円の約9割が返還されることになる。これまでに約4割に当たる186人が同社と和解したらしい。

 担当弁護士は「過払い金の問題は自己破産や家庭内暴力の背景にもなっている。違法な金利で払わされたお金は当たり前に返ってくるということを多くの人に知ってほしい」との談話を残している。


 ・・・・んー。借金しておいて、金返せという債務者もひどいが、法定金利を越えていてもお咎めなしの国の管理もどうかと思う。

 ・・・私は、消費者金融に手を出した人、ましてや多重債務者に同情する気は毛頭ないのだが、節操のない能天気なTVCMを繰り返すサラ金や安易にそれを流すTV局に大きな疑問を感じる。若者が安易に手を出し、就職だけでなく、最悪の場合、人生もあきらめなくてはいけなくなることをどう考えているのだろうか。

**関連サイト**
消費者金融の元社員のHP
消費者金融に手を出すと、7年間はまともな企業には就職できない社会の仕組みが明かされている。サラ金につとめる社員のHP。
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

このページの先頭へ