首都圏の結婚式、平均291万円 3年連続増

2005年12月23日 (金).......

リクルートが発行する結婚情報誌ゼクシィの調査によると、東京、埼玉、千葉、神奈川のカップルが、04年度に挙式・披露宴にかけた平均費用は、前年度より12万円高い291万円となり、3年連続で前年実績を上回ったそうだ。

 ちなみに全国平均は292万円。
(調査対象:04年度中に挙式・披露宴をした女性4,547人からの郵送回答)



 地域別で見ると、
★最も費用をかけて「ハデ婚」をしたのは福島県で372万円。
★最も費用をかけない「ジミ婚」だったのは北海道の165万円。

「東北地方は近所、親族まで呼ぶ習慣があり招待客数が多い。一方の北海道は会費制が一般的となっているため」(同誌編集部)という。

 全国のカップルが、挙式・披露宴の際に心がけたことは
「アットホームな雰囲気」(64.7%)
「自分らしさを表現できる」(56.7%)
「列席者を退屈させない」(54.1%)の順で多かったそうだ。


 都内でも一流ホテルで結婚式・披露宴をすれば300万円はかかるのは当然だが、福島県で372万円というのはどういうことだろうか。5つ星ホテルがあるとも思えないし、それでいて御三家(帝国、オークラ、ニューオータニ)新御三家(ハイアット、ウェスティン、フォーシーズンズ)並みの金額をとるとはどういう見識だろうか。引き出物で子牛でももらえるのだろうか。

 平均372万円ということは、400万円超という式もザラなのだろう。
 T&G社の邸宅ウェディングだと余裕で400万円超という見積もりをもらって笑ってしまった経験があるが・・・・。福島県の式場関係者はさぞウハウハだろう。
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

このページの先頭へ