今日は国家公務員の冬のボーナス日

2005年12月 9日 (金).......

 今日は国家公務員の冬のボーナス支給日だったそうだ。
 管理職を除く行政職職員(平均年齢34.6歳)の平均支給額は約68万2,000円。前年同期に比べ約6,000円(約0.9%)上回ったという。


 主な特別職の支給額をみると、次のような高額支給だったそうだ。
小泉首相と町田顕最高裁長官が約610万円
河野衆院議長、扇参院議長は約555万円
閣僚は約445万円
国会議員は約331万円
 
 ちなみに、地方公務員の一般行政職職員(平均年齢35.9歳)のボーナスは、約65万1,000円だったという。
 ・・・・・本当だろうか?民間一部上場企業よりも給料がいいはずの公務員が68万円というのは、ちょっと信じがたい。実際は、平均いくら支給されているのだろうか。あるいは、管理職を入れるとどのくらい貰っているのか、調べてみたいものである。
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

このページの先頭へ