500万円の札束を燃やすという武勇伝

2006年 8月 7日 (月).......

 組織ぐるみの裏金活動がご盛んなことがバレてしまった岐阜県は、8年前の1998年度の時点ですでに、4億4,100万円の裏金が存在していた、とカミングアウトした。
 教育委員会でも裏金を作っていたというから、犯罪に寄せる県職員のよこしまな想いはまさに一枚岩である。犯罪組織の鏡である。すばらしい統率力。


 約2億2,700万円が職員組合の預金口座にプールされ、残り約2億1,400万円は各課や個人が保管していたという。横領した職員も何人かはいることだろう。事実、約2億円が職員組合や職員の飲食、慶弔費、タクシー代に流用されたほか、約500万円が焼いたり、捨てられたりしたという。

gifu.jpg なぜ、焼くの?

 知事部局では、98年から2001年にかけて総額約100万円を、2人の職員が焼却したり、3人が事務所のごみに混ぜて捨てたりしたそうだ。毒食らわば皿まで、ということでテレビで募金を募るたびに社員が飲み食いに何千万円もの横領を繰り返しても悪びれないテレビ朝日の「ドラエもん募金」に募金してもよかったかもしれない。

 んー、しかし、逮捕されたら岐阜県庁の職員はどれほどいなくなってしまうのだろうか。やはり、警察は中間管理職が3人程度をスケープゴートに選び逮捕して事件を解決するのだろうか。

 いずれにせよ、2001年から現時点までの裏金について何も語っていないあたり、肉を切って骨を絶つ戦法か。岐阜県庁、なかなか姑息で見上げたものである。あまりに岐阜県民が気の毒である。

permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

このページの先頭へ