ネット副業なら、税務署に見つからない!?

2005年 2月27日 (日).......

 ネットオークションなどインターネットを使った商取引を巡り、大阪国税局が昨年6月までの4年間に、計161の法人・個人に対し総額約48億円の申告漏れを指摘していたことがわかったそうだ。

 161件の内訳は個人が50人、法人が111社・団体。
 1年間だけで41件約28億5000万円(うち所得隠し約17億円)に上り、うち約27億円が悪質な所得隠しと認定され、重加算税の対象となったそうだ。

 「ネット上なら税務署に見つからない」と申告しなかったケースもあったそうだが、それは無理ということだ。
  個人では、主婦や学生らが趣味で始めたオークションの規模が大きくなり、事業化したのに申告していないケースが目立ったというが、・・・・その主婦や学生は、どんなものを売って、どんだけ売ったかとっても気になる。
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

このページの先頭へ