ソニーはTV赤字、三洋はデジカメ不振 電機厳しい決算

2005年 4月27日 (水).......

 ソニーの05年3月期連結決算によると、テレビ事業が初めて赤字になるなどエレクトロニクス部門が大幅な赤字となったそうだ。売上高は前期比4.5%減。本業のエレクトロニクス部門の営業赤字は、前期の68億円から343億円に悪化した。

 しかし、さすがのソニーである。営業利益は15.2%増、当期利益も85.1%増だそうだ。腐ってもやはり鯛である。

 一方、三洋電機、日本ビクター、パイオニアの3社は赤字に転落。
 家電以外のITメーカーでも、NECは国内首位の携帯電話事業が赤字転落。富士通も情報システム部門での不振で減収減益決算となった。


 各社は急速な価格低下に追いつくための構造改革を急ぐが、業界内競争が収まる気配はなく、06年3月期も難しい決算見通しを立てているそうだ。

 薄型テレビやDVD録画再生機、デジタルカメラなどのデジタル家電は世界的に販売台数が伸び続けているものの、参入メーカーが多く、「製品によっては価格が1年間で5割低下した」(ソニー)という値下げ競争が各社の収益を悪化させているそうだ。


 この環境は06年3月期も大きく変化せず「今期もデジタル製品の売価はさらに20~25%下がるだろう」(ビクター)との見方が一般的とのこと。この結果、ソニーのエレクトロニクス部門は06年3月期も赤字見通し。三洋電機も構造改革費用がかさみ、920億円の最終赤字になるとの予想だ。

 各社とも人員削減や生産設備の合理化を急ぐ。ビクターは、06年3月期中に1~2カ所の生産拠点閉鎖と、国内で約500人の人員削減を表明。ソニーは希望退職などで数千人、パイオニアも約1,500人の人員削減の方針。三洋も3,500人以上の配置転換で体制改革を図るそうだ。


 ・・・・やっぱり製造業はつらいですなぁ。
 しかし、電機業界の社員じゃなくて、たすかった~。夏のボーナスは期待できないんでしょうなぁ。心中お察し申し上げます。
 

 電機業界は華々しいイメージがありますが、やはり製造業。
 電器量販店などの小売店側に、勝手に値段を下げられたり、リベートを無心されたり・・・と、受難はつづきます。小売店の"たかり体質"は、どうにかならないものかと、本当に思います。ダイエーは、リベートを廃止すると宣言しましたが、長年のリベートで納入業者からお金を吸い取るだけでは赤字を補填できずに、平成の徳政令に3回も頼り、いまだ借金返済の目処が立たない会社にできるとは思えん。さすがにダメ会社の重役は、言うことはいつも一丁前で立派

 キーエンスや自動車などの自社販売ルートがある業界は、製造業の収益性を守るための定石なのかもしれない。
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

このページの先頭へ