米国の専攻別 新卒者の初年度年収

2005年 4月19日 (火).......

 本日、TVでCNNを眺めていたらアメリカの新卒学生の初年度年収というものを発表していた。CNNのHPには今年のデータは更新されていなかったので、とりあえず関連サイトからひっぱってきたが、傾向は基本的につぎのような感じである。

 面白いのは、理系の方が年収が高いという点である。年収500万円超。
 学生時の専攻が化学工学、コンピューター科学、電気工学、数学の順に年収が高く、やっと文系学部が登場する。400万円前後である。アメリカはSCIENTISTが尊敬される国と聞くが、そのひとつの表れなのだろうか?

 日本の企業では、研究所の人間は、ひどい場合「穀つぶし」のように言われたり、大学研究者はスーパーモラトリアム人間と見られるが、エライ違いである。

 
【Table:米国の専攻別 新卒者の初年度年収 調査結果(2000)】
------------------------------------------------------------
専攻(major).......................... 初年度年収(Starting Salary[US$])
------------------------------------------------------------
Chemical Engineering..........................47,300--49,200
Computer Science..............................43,200--46,800
Electrical Engineering........................42,500--45,600
Mathematics ..................................39,700--43,700
Finance ......................................35,000--39,100
Economics.....................................34,300--36,500
Accounting....................................33,000--36,200
Logistics ....................................32,700--35,200
Liberal Arts--Any Major.......................27,100--31,100
Communications................................25,600--30,500
Psychology....................................23,300--26,200
============================================================

 機会があったら、よその国のstarting salaryなどを調べて公開してみようと思う。
 超学歴社会の韓国やフランスなどの大卒初任給はさぞ見物だろう。


 さて、つづいて、MBA(経営学修士)ホルダーの初年度年収ランキング。
 1位は、ハーバード。2位は、ハーバードと川(チャールズリバー)を隔ててお隣のMITである。おそるべしボストン・ケンブリッジ地区。

 近年、J.W.ブッシュ大統領というとびきり不名誉な卒業生も輩出しているが、それでもさすがのハーバード、卒業1年目から1,000万円に迫る高収入である。偉いもんである。

【Table:MBA卒業生の初年度年収(中央値)】
-------------------------------------------------------------
1 Harvard $80,000
2 MIT $80,000
3 Stanford $80,000
4 Dartmouth (Tuck) $79,500
5 Berkeley (Haas) $75,000
6 Wharton $75,000
7 Kellogg $72,000
8 Carnegie $70,000
9 Virginia $68,000
10 Columbia $65,500
11 Chicago $65,000
12 Cornell $65,000
13 Duke (Fuqua) $65,000
14 Michigan $65,000
15 UCLA $65,000
16 Yale $65,000
17 NYU (Stern) $63,250
-------------------------------------------------------------

そういえば、大学の友人がStanfordでMBAを取ったが、日本に帰ってきて職が見つからないと嘆いていた。不幸である。今、何をしているのだろうか。
アメリカなら1,000万円プレーヤーだというのに、日本はかくも世知辛いのか。

電話で英会話

permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

このページの先頭へ