東証急落…1万1000円割れ

2005年 4月19日 (火).......

 日経平均株価が400円安の大幅下落をして11,000円割れになった。
 今月8日の取引時間中に11,911円まで上げていたので、この間、1,000円近い値下がりである。

 ・・・・折角、東京三菱で買った日経225連動型投信が10万円の含み益をつけたというのに、これでは、逆戻りである。


 証券アナリスト安部雪春氏曰く、
「米国の金融引き締めに加え、中国リスクの顕在化を反映したもの。海外の投資家は中国問題によって、日本への投資にカントリー・リスクがあるとみており、根は深い」。

 あるエコノミストは、チャイナ・リスクの今後について、「先行きが見通しづらく、反日行動がいつまで続くのかを見守る必要がある。当面は5月4日の5・4運動記念日で沈静化するかが焦点だが、7月7日の抗戦記念日まで続くようであれば、日本株はさらに調整が長引く可能性がある」とみているそうだ。

 ・・・・あと2ヶ月もボケーッとしているわけには行かない。
 結局、いくらぐらいまで下がるのだろうか。
 日経平均が1万円を下回ることはないとは思うのだが、買い増そうかどうか思案中である。
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

このページの先頭へ