新入社員の8割が就職の「勝ち組」を自負 

 新入社員の77%が自らを就職活動での「どちらかといえば『勝ち組』」と考えているのだそうだ。

 財団法人社会経済生産性本部が、まとめた新入社員の意識調査で分かったという。
 同本部は「パートや派遣などが増える厳しい環境の下、正社員という安定した身分を獲得したとの思いからではないか」と分析しているとのこと。

 逆に負け組を自認するグループについては、こうだ。
 「負け組」は21.4%で、男性の方が負け組の比率が高かった。
 負け組を学歴別にみると、
********************************
専修・専門学校 25.5%
4年制大学卒  22.1%
普通高校卒   21.7%
********************************


 正社員としての採用が決まりながら、就職先が不本意だったことが理由の模様。


 ・・・・ずいぶんと勝ち組が多いな。

 しかし、正社員になれただけで、勝ち組なのだろうか。
 私も、ひょっとして勝ち組なのだろうか。
 いや、きっと私は所得から言えば負け組なはずなのだが・・・
 ともかく、こういう考え方は精神衛生上、非常によろしそうですな。なんだか元気がわいてきますな。
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

このページの先頭へ