日本の富裕層134万人 全世界では830万人

2005年 6月10日 (金).......

 米証券大手メリルリンチが発表した報告書によると、世界で保有資産を100万ドル(約1億400万円)以上持つ富裕層人口、いわゆるミリオネアは830万人で前年から約60万人増加したんだとか。
 日本は134万3,000人だが、前年比の伸び率では世界の中で低水準にとどまったそうだ。

 ・・・なんだよ、ミリオネアは100万人以上もいるのか。
 ミリオネア集めた政令都市ができるではないか。
 バクチ税収で潤う府中市並みに地方税安くなりそうだな・・・。
 ニート人口85万人。ミリオネア134万人。すごいコントラストで同じ国民でも偉い違いではないか。

 さて、世界の富裕層の資産(居住用の不動産を除く)は、2年連続で増加の30兆8,000億ドル。日本の富裕層の資産は3兆3,420億ドルだそうだ。

 地域別にみると、北米は債券高や減税の恩恵を受け270万人となり、欧州の260万人を上回ったそう。日本を含むアジアも230万人と急増したが、日本は株価の停滞やデフレ基調の継続などから伸び悩んだそうだ。


**関連資料**
メリルリンチが発表した当該報告書は、PDFファイルで公開されています。
興味のある方は、こちら
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

このページの先頭へ