ごみの山から3,100万円 埼玉・所沢の産廃処理場

2005年10月21日 (金).......

 埼玉県所沢市の産業廃棄物処理場で、ごみの山から現金約3,100万円が見つかったと従業員が所沢署に届けたそうだ。

 調べによると、昨日午前11時ごろ、廃棄物を手作業でより分けていた男性従業員が、バラバラの現金を発見。今日までに約3,100万円を集めたそうだ。

 現金はほとんどが1万円札で、新札と旧札が交ざっており、帯のついたものもあった。持ち主を示すようなものは見つかっていない。現場は関越自動車道所沢インターの近くだそうだ。

 んー、ブラックマネーか。しかし、ブラックマネーだからといって、使わずに捨てるという神経が貧乏人の私には分からない。
 
 ところで、世のお父さん方。奥様の大半がへそくりをしていることをご存知だろうか?そして、そのへそくり額の平均が100万円を優に超えており、中には1,000万円以上へそくっている奥さんも居るんだとか。日々の、生活費を切り詰めながら、へそくって、熟年離婚に備えているのだそうだ。①主婦を舐めてはいけないのだ。
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

このページの先頭へ