世帯年収 300万円未満の人でも12%が「中の上」??

2006年 1月 6日 (金).......

 毎日新聞社が調査したところによると、所得格差が今後拡大すると考える人は約7割に達することが世論調査で分かったそうだ。

 親の所得など家庭環境によって、子供の将来の職業や所得が左右される「格差社会」になりつつあると思う人は6割を超えているという。確かに、昔から貧乏は遺伝するといわれてきた。ビートたけしのお母さんの口癖は、「貧乏は遺伝する。貧乏から脱出するためには教育しかない。大学へいけ。しかも工学部にいけ。」だったと兄・北野大氏の講演で聞いたことがある。

 私は貧乏だ。大学、しかも理系学部を出たが、貧乏だ。
 ・・・なんでだ。工学部でなかったのがいけなかったのか。
 
 
 さて、今後の所得格差の予想については、
「拡大する」という回答者は71%。
「変わらない」という回答者は18%
「縮小する」という回答者はは6%にとどまったという。


日本が格差社会になりつつあると思う人は、64%。
思わない人は、30%。

格差拡大を問題と考える人は、74%。
問題でないと考える人は、21%。


今後の収入について生活に困らない程度の収入は得られるとの回答者、66%。
生活に困るようになるは、24%。


高い収入を得られるようになるとの回答者は、僅かに4%。


社会全体を「上」「中の上」「中の下」「下の上」「下の下」の五つに分けたとき、自分の生活程度がどこに入るかを尋ねたところ、
「中の下」が48%で最も多かったそうだ。
「中の上」が26%
「下の上」が15%。
この三つでほぼ9割を占めている。まさに「総中流」である。


 しかし、世帯年収1,000万円以上の人の39%が「中の下」と回答。
 300万円未満の人でも12%が「中の上」と答えた人もいるという。


 世帯年収300万円未満の生活は明らかに下の下である。
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

このページの先頭へ