国内大手生保がリストラ加速

2004年 6月 6日 (日).......

大手生命保険がリストラを加速している、と本日の朝日新聞が報じている。
先日発表された生保の契約数の増減データを見た方なら納得だろうが、国内生保は全く契約が伸びていないのだ。
その代わりに台頭しているのが、アリコやアフラックなどの外資なのだ。
ちなみに、我が家はアリコとソニー生命にお世話になっている。

この家計が苦しいご時世、豪華幕の内弁当のようなプランしかないニッセイなどの大手国内生保とは契約なんかできないのだ。事実、04年3月期決算では、個人保険などの保有契約高は6社合計で4年前に比べ17%減の約943兆円まで落ち込んだという。

住友生命は3月末の8,630人から今後4年間で13,000人以上減らす計画だ。
他の大手5社も人員削減を続けており、6社の3月末の内勤職員は、4年前より8,000人以上少ない約4万5,000人となっているらしい。

ま、リストラ、リストラといいながらも、生保は銀行や証券会社よりも高所得であることは間違いないですからね。少しは修正していただいて、契約者の庶民感覚を肌で味わってもらうのも勉強になるのかもしれん。
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

このページの先頭へ