国民生活の豊かさ 日本は11位 また後退

2005年 9月 7日 (水).......

 国連開発計画(UNDP)は7日、さまざまな指標を基に国民生活の豊かさを示す「人間開発報告書」を発表した。

 前年まで5年連続9位だった日本は11位に後退したそうだ。

 報告書は世界177カ国・地域を対象に平均寿命や就学率、成人識字率、1人当たりGDPなどから「人間開発指数」を割り出し、国別に比較した。

1位 ノルウェー(5年連続)
2位 アイスランド
3位 オーストラリア
4位 ルクセンブルク
5位 カナダ
6位 スウェーデン
7位 スイス
8位 アイルランド
9位 ベルギー
10位 米国
11位 日本

アジアでは22位に香港、25位にシンガポール、28位に韓国が入った。中国は85位。
日本は女性の社会進出度は最悪で、前年の38位から43位にさらに後退
人間開発指数最下位というニジェールにも、この点では負けたそうだ


 今回の衆院選で女性が大量に当選しそうな気配だが、それよりも、こんな選挙後時に769億円も使う余力が日本にはあるのだろうか。
 日本の借金は借金時計によれば、目下755兆円である。

 郵政民営化が決定されたら、郵貯の潤沢資金はフローし、国は国債を買ってくれる大口顧客を失うことになるだろう。
 自転車操業がむずかしくなるわけだが、国は返すお金をどうするのか。
 戦時国債のようにデフォルトにならないといいのだが。
 
 みなさんは、どこの党に入れるかお決まりだろうか。
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

このページの先頭へ