5年間で8日の出勤でOK。 しかも5年間で給与支給額2,700万円也のウハウハのお仕事とは?

1ヶ月に8日しか出勤しなければ、会社であなたの席はないか、普通の会社では誰からも口を利いてもらえなくなるだろう。
どっこい、5年間で8日しか出勤しなくても給与が全額支給されるウハウハな職業が発覚した。
それは、奈良県奈良市の環境清美部、いわゆるゴミ屋さんという職業。

garbage_car.jpg


市の調査の結果、42歳の職員が病気休暇制度を悪用し、長期にわたり病気休暇を繰り返し5年間で8日しか出勤していないのに、5年間で2,700万円を給与として支給していたことも判明。
この職員のほかにも、5人の男性職員が診断書を提出して不自然な休暇、休職を取っていたことが既に判明しているという。

んー、あっぱれ。
市のゴミ屋さんという仕事は、あまりやり手がいないので仕事のわりに高給なのだ。
一般のビルの清掃員の時給が972円に対し、市の清掃職員の時給は2,316円。
交通整理のみどりのおばさんや、小学校の給食のおばさんが年収800万円だったり、大阪市バスの運転手には年収1,300万円の高給取りもいるということを考えると、市の職員はウハウハ職業の宝庫なのだ。
しかし、給食のおばさんや、みどりのおばさん、そして清掃職員といい、実労働時間は朝から昼にかけての5時間にも満たないと思うのだが・・・。ヒルマン監督ならずともシンジラレナーイといいたくなる。

hillman.jpg

シンジラレナーイ
(追伸:祝・日ハム優勝おめでとうございます)




奈良市長は、『これからは、職員全員が公務員としての意識をしっかりと持ち、不自然、不条理な疑念に対する是正の活動に全力で取り組んでいかなければならないと考えております。
 今回の不祥事に対する職員の処分や是正内容については、その都度ご報告をさせていただきますが、職員一人ひとりが公務員の基本であるコンプライアンス(法令遵守)の考え方を徹底し、不正を許さない職場風土の構築に向け、不退転の決意で取り組んで参ります。』

という声明を発表している。近いうちに職員の飲酒運転か何かで、新たな膿や不祥事がでてくるのだろうか。大阪市もおいしいが、奈良市もおいしい町ですな。

大学4年間のモラトリアムを遊びほうけて自堕落な生活しかできなくなった方は、心配せずに市職員としての道を進めば道が開けることでしょう。

permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

このページの先頭へ