貧乏父さんもVISAプラチナカードを勧誘される椿事

 ホームページにも書いたが、わたしは貧乏父さんのくせに、クレジットカードとしてダイナースカードとCITIBANKゴールドカードを持っている。
 理由は見栄も多分にあるのだが、やはり、ノースウエスト航空のボーナスマイレージがたんまりもらえるからだ。

 しかし、ダイナースは、入会後2年目から2万円以上の年会費がかかる。
 ・・・これは全く無視できない額であるので、退会する旨を今朝、電話連絡をした。すると、2年目も年会費をタダにしますがいかがでしょうか?と逆に提案されてしまい、結局、来年までお世話になることにしてしまった。嗚呼哀しき貧乏父さん。タダに弱い。

 さて、帰宅してポストを覗くと、今度はCITIBANKから「選ばれたお客様にプラチナVISAカードのご案内」なるDMが届いていた。曰く、入会するとゴールドカード会員よりも丁重に扱われるんだとかで、リッツカールトンの予約を優先的に・・・などとおよそ縁のない話が続いている。そして会費は58,800円/年との記載が・・・。

 何がうれしくて58,800円も会費を払わないといけないというのだ、冗談じゃない。しかも、近年、会費が上昇しているのも気に喰わん。世は、かのトヨタ自動車でさえベアゼロ回答の時代だというのに、なんと心得るのか。


permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

このページの先頭へ