新入社員の季節

2005年 6月 1日 (水).......

 今日から6月1日。
 私の会社では、人事部研修を終えた新人が職場に配属されてきた。
 今年の新人が生まれたのは、修士卒で24歳。1981年生まれだろうか。
 ここで、24年間に物事はどのくらい変化するものか?ちょっと考えてみたい。
 
 たとえば、街中を歩いてみて、ずいぶん老朽化した鉄筋建造物だなと思うと、実は自分の年齢よりも遥かに若い建物だったりする。自分の体をいたわりたくなる瞬間である。

 たとえば、貯蓄。1979年、セブンイレブンは東証第2部に上場した。
 当時、上場時の初値1,800円。
 そして本日、3,100円。

 ・・・・2倍になってもいねぇぢゃねぇか、と思うのは早計である。
 
 上場以来、セブンイレブン株の1単元(1,000株)は、無償増資と株式分割を繰り返し、持ち続けた株主は、1,000株が現在38,070株に増えている。

 すなわち、180万円の投資は、現在、1億1,801万円に育っているのある。
 わっしょーい。わっしょーい。
 わずか26年という月日の経過だが、育つものは育つものである。

 いいなぁ・・・・。




 
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

このページの先頭へ